So-net無料ブログ作成
検索選択

アコースティック用の三線マイクのレビューが掲載 [My楽器]

はいさい~
先日つかったアコースティック用の三線マイク「MSP」のレビューが掲載されました(^-^)
是非ご覧ください

http://123sound.jp/sanshin_suzy/


アコースティックギター・ウクレレピックアップMSPを三線に [My楽器]

ハイサイ~。磁石でとりつけるタイプの外付けマイクをゲットしてみました!

アコースティックギターやウクレレ、打楽器にもつけられる便利なものです。

三線に取り付けるためには棹を一旦抜いて、中に固定用磁石を投入すればOK。

早速、「花」を演奏して動画にしました

DSC05645

開封の儀♪ 固定用のマグネットや、ポーチも同梱されています

DSC05648

こちらがマイクになります

DSC05653

固定用磁石は、あらかじめ棹を抜いて胴の中に投入

磁石の力でマイクが胴に密着して音を拾うという仕掛けです。

マイクの位置で音色が変化するのと、右手との干渉を考えて写真の位置にしました

普段使う内臓マイクや、クリップ式の外付けマイクとの比較は

◆内蔵マイク…低音の胴鳴りから高音までよくひろうので三線だけの弾き語り向く。取り付け難しい。

◆クリップ式の外付けマイク…生音を直接拾うので実音に近い。 マイクがずれたり手に当ったりする。取り付け簡単。

◆MSP…皮の音を拾うので高音の抜けがよい。胴鳴りはあまりひろわず中域の音が少ない。バンドに向いている。取り付け簡単。

そんな印象でした♪

アコースティックピックアップMSPについてはこちらをご覧ください!

http://www.123music.jp/

続きはこちら♪...


一五一会(ニライ)をゲット! [My楽器]

はいさい~快晴で洗濯日和の横浜です!

先日、一五一会という楽器をゲットしました

33210

一五一会(いちごいちえ)は、BEGINとヤイリギターが開発した4弦の楽器です。

これがニライという廉価版のモデル。ヤフオクで中古で買ったので、ラッキーです♪

この4本の弦は、下3本が三線の調弦とおなじ。一番上の低音弦が加わってギターのような奏法ができるようになります。

演奏してみました

「一五一会(ニライ)を弾いてみた(ちんぬくじゅうしい、安里屋ユンタ) 2015.9.14 」

低音弦が加わったことで音に厚みが増して、表現力が広がりますね三線の指使いで弾けるし、

ギターのように複数の弦を鳴らして厚みのある音も出せるわけです。

ライブにレコーディングに活躍しそうです(^-^)


タグ:一五一会

三線の皮の張替え完了! [My楽器]

はいさい~
先日やぶけた三線の皮ですが、沖縄から無事皮の張替え完了で戻ってきました!DSC04983

ウロコも大きくてジョートー(上等)!

これが破れたときの写真。

2015-08-25 22.38.29DSC04978

均等に皮が張られてるのでど真ん中からウロコに沿って裂けたのでした。10年も持ちました~


破けた三線の皮の裏の暗号とは??! [My楽器]

はいさい~涼しい、雨の横浜です。

昨日破れた三線の皮を修理に出すために取り外してみました。

30640_s.jpg

取り外した皮の裏に「く2」「く6」の文字が。

暗号かな~?これの意味は一体…?

SNSで元職人さんに教えていただきました。

へびの頭(厚い皮)から1,2、…尻尾近くが6。

「く」は「あ」から数えて8番目のニシキヘビとのことです。
(固体識別のあいうえおなのでABCでもかまわないとか)

同じニシキヘビ「く」ちゃんの
表皮に厚い皮(2)
裏皮に薄い皮(6)が使われているということが判明しました。

表は厚く、裏は薄くは知っていたのですが、こうして皮にマーキングされていたとは、勉強になりましたm(_ _)m

 

関連記事

瞬間接着剤で応急処置していた三線の皮が裂けました

三線の皮が破れたが瞬間接着剤で補修したよ

瞬間接着剤で応急処置していた三線の皮が裂けました [My楽器]

はいさい~

台風の影響でとっても涼しい横浜です。

相方が、「三線の弦がだんだん緩んでいく音がする」というので

音のする三線を見てみたら。

DSC04978

皮が裂けてました。 これ以前に瞬間接着剤で裂け目を応急処置していたもの。

DSC04982

ちょっとずつ裂け目が広がる時に、音がしていたんですね。

もう諦めて、張り替えることにしましょうね。

10年間、よく鳴ってくれました。

おつかれさんでした(^-^)


関連記事

三線の皮が破れたが瞬間接着剤で補修したよ


三線の皮が破れたが瞬間接着剤で補修したよ [My楽器]

6.27(土)は、自由が丘の老舗「なんた浜」でスージーズ三線ライブ、おまちしてます!
→詳細はスケジュール http://suzygwa.blog.so-net.ne.jp/schedule


はいさい~!

乾燥したある日、10年物の青黒檀の三線の皮が縦一文字に裂けてしまいました。

2015-05-12 12.49.29

長さ約5cm、幅最大で5ミリほどの裂け目に(´Д`)

このまま放って置くと裂け目が広がって皮が張替えになってしまうので、応急処置。

2015-05-13 00.21.09

瞬間接着剤を少しずつ充填して、穴を埋めていきます。。。。

1週間ほどかけて穴がふさがりました~

DSC04138

いちおう、直りました!

ちょうど中弦の背後が裂けたので、ぱっと身判りにくいのがよかった。

でもパツンパツンに張っていた皮の中央が裂けたので、皮のテンションががた落ちして、

なんともいえない、まあるい音になりました。これはこれでアリな音です(^m^)

この直し方であと何年持つか実験してみようと思います~。

※試して見たい方は、あくまでも応急処置ですので、自己責任でやりましょう。

 


八重山黒木の江戸与那三線のメンテナンス、弦の張替え [My楽器]

2015.2.15 はいさい~ 先週はバースデーウイークでしたが、

今週はうってかわって健康診断(不健康診断?)ウイークそして週末に開催のスージー三線教室・新年会をひかえて

またまたさらには次の週から始まる、レコーディングにむけて、前半禁酒→後半節酒モードです。

 

レコーディングに備えて、八重山黒木の江戸与那三線のメンテナンス。

DSC03210

弦をはずして棹だけになった江戸与那ちゃん。 黒木の真っ黒な棹が精悍です

DSC03212

ティーガ(胴巻き)をひんむいて、まる裸の太鼓。
本皮一枚張りのウロコの大きいのは尻尾側で、上等だといわれています。
厚みが少しあり伸びがいい音が出ます。

ジョニー(うちで飼っている蛇)にそっくりというコメントもあり(笑)

DSC03213

一通り清掃したあと、4年半つかったティーガ(胴巻き)を交換。

オレンジの龍から、えんじ&金色にしました。

DSC03219
弦を綺麗に交換の図。

結び目はみなさん苦労されているところですが、あらかじめ2箇所折り癖をつけておいて、
折った2箇所にあわせて結べば綺麗に処理できます。

女弦は弦を張って張力が上がっていく途中で結び目が緩んでくることがあるので、
折り曲げ部周囲に2回巻きつけてあるのが小技です(^-^)ノ


レインスティックを自作しましたの巻 [My楽器]

ハイサイ~今日は晴れました横浜。夜は、三線教室の唄会があります。

というわけで、唄会で使おうと思い、「レインスティック」を自作しました。

雨音や波音の音がする、楽器です。

DSC09648

これがレインスティック全貌。
傘を入れるケースじゃありません(笑)

DSC09596

作り方はネットで検索して調べました。
ポスター入れの筒に、つまようじを螺旋状に突き刺していきます。

DSC09614

螺旋状に1cm間隔で打ち込んで行くと美しい並びになります

DSC09611

外側はニッパーで切って、ボンドで固定します

DSC09620

筒の中に入れる粒粒は、今回はこれをチョイス。
ドライヤーン。。。。かつて水没ケータイを救ってくれた、シリカゲルの粒です。


DSC09621

直径2~3mmのほぼ球体です。作業中の夜中に、部屋にぶちまけてしまい、始末に往生しました(笑)


DSC09625

蓋をしてできあがり。 これに紅型の布で覆って、一枚目の写真になります。

サラサラサラ~~~と、いい音がします!沖縄の島のさざなみが聞こえてくるようです。。。。

自作楽器楽しいですよ!


三線のシッポをちょきんとな。 [My楽器]

ハイサイ~。
時間ができると何かとDIYしたくなる今日この頃。

何丁かあるMY三線のうち、2丁の後ろ(猿尾)が長すぎて見た目気になってまして、、、、、
ついに切ってしまいました。

DSC09472 

ライブ用のエレキ三線は安い棹なのでノコギリでらくらくカット。

DSC09471

もう一丁のは黒檀系で安くなかったんですが、どうしても気になるので、、、、
とはいえ材質的にとっても硬いので、さすがに「ちょきんとな」、とは行かず、
ヤスリでゴリゴリ、ゴリゴリ……と。

ちょっとづつちょとづつ削って…けっこう時間がかかりました。
DSC09494
カットされた猿尾。 使い道ないかな!?!?

もちろん八重山黒木の江戸与那と、親泊三味線店さんのカマゴンの2丁はそれは美しい仕上がりですので、こんな乱暴なことしてませんのでご安心を~♪

というわけで、どんな仕上がりかといいますと。。。。。
DSC09501

こちらが、八重山黒木の江戸与那。丸みをおびた四角錐。

DSC09502

こっちが親泊三味線店さんのカマゴン。まあるく処理してあります。

DSC09473

というわけで、先ほどチョッキンした三線の棹もヤスリで軽く、面取りだけしておきました。

ライブ用の鋸でカットした三線は、材質的に黒い木じゃないので、黒く塗装もしておきました笑


肝心の音が変わらないか心配というかたも居るかもですが、

特に問題はございません。。。。。。。が、こんな事をする場合は、くれぐれも自己責任でお願いします!


USBオーディオキャプチャを買い換えたの巻 [My楽器]

ハイサイ~先週末のウチナー祭が無事盛況にて終わり、写真の整理などやっと終わりましたので、おちついたらまた紹介します~。

さてさてGW前ごろ、XP時代から使ってたUSBオーディオキャプチャ「UA-25EX」機が不調になり、
録音作業ができなくなってしまいました。

いままで2枚のCDや、三線教室のお手本音源などなど、よく働いてくれたのですが、
古いXPのノートではまだ動くのに、メインマシンのWin7機で、ある日突然、突然うごかなくなったんです。
なんでよ~~~~。

USBを抜いたり差したりすると治る瞬間もあったのですが 、だましだまし使うのもストレスになり、、、、、

DSC09386

後継機種の「QUAD-CAPTURE」に買い換えました。

無事、動いたヽ(´∀`)ノ


DSC09463 - コピー
今回は音声が入力されたレベルに応じてインジケーターが光るので以前より判りやすい!

また色々録音に活躍をおねがいいたします!


島太鼓スタンドの修理 [My楽器]

ハイサイ~

先日の茅ヶ崎ちゃんぷるーライブもとっても盛り上がり、
応援してくださるお客様には感謝感謝でございます。次回は8/17(日)です!1401723470..

この日はライブ開始前に、キョンキョンの島太鼓スタンドの一部が崩壊!!

あわててテープで補強して不安定ながらもライブには影響なく、ほっとしました。

もともとこれを作ったのは2009年5月18日
(当時の記事http://suzygwa.blog.so-net.ne.jp/2009-05-18-1
5年間ノートラブルでよく働いてくれました。


てなわけで、次の日さっそく修理修理。

DSC09377DSC09378
金属板同士でストッパーをつくり、X(エックス)が広がり過ぎないようにしたものです。

DSC09159

というわけで無事修理完了~。

これからもしっかりはたらいてくださいましm(_ _)m


デジタル島太鼓!? [My楽器]

ハイサイ~

6.8(日)のウチナー祭に向けて、男子チーム、女子チームが練習に励んでいます!

こちらは女子チーム。

10308308_825011214195613_1348172189071564250_n10414617_825011137528954_11599157159945995_n
ネーネーズのウムカジという曲を綺麗な歌声で弾き歌いしているところ。

一番右の、ゆっきーなの手元に注目。
10341646_825011164195618_4073344798692160041_n
これはなんでしょう!?

10262082_825011094195625_284293862366301243_n
KORGの「WAVEDRUM Mini 和太鼓」バージョンです。

丸いのが本体そして、写真右の30と書いた緑色の籠にくっついている黒いクリップがセンサーになっています。

本体を叩くと、締太鼓。 センサーのほうを叩くと、平太鼓の音が鳴るようにセッティングすれば、
まさに、デジタル島太鼓!

我が家の島太鼓は本体やキャリーカートで10kg弱あり、バリアフリーじゃないと運搬が大変なので
今回は苦肉の策でこれを使ってみました。

籠につけたセンサーのほうに強度的不安はあるので要改善すれば
けっこういけるような気がします。

時間が出来たらセンサー付スタンドを自作してみようと思います。


かわった消音ウマゲット [My楽器]

こんな消音ウマをゲットしました~
DSC09231
消音ウマとは三線の夜間練習で音を劇的に小さくするグッズ。
写真奥のものがよくある形状です

DSC09235
今回のものは、三角柱のプラスチックをカットして作ってあり、


DSC09232
底面にはクッション性のある両面テープが。。。。

もちろん白い剥離紙をはがして使ってはいけません。三線に貼り付いて皮を痛めてしまいます(笑)


消音ウマを使ったことのある方ならお気づきでしょうが
今回の「面」で当る消音ウマは、あまり消音効果がありませんでした。

DSC09233
しっかり消音を求めるなら、やはり太鼓の枠の端と端を点で支える、従来の形状が王道なんですねー


でもワタシが三線を始めた頃はこういうものが無かったので
割り箸を切って作ったり、消しゴムや、防振ゴムをカットして作ったりしたもんです。
単三電池を置いたこともあったなあ~
(ちなみに平成のことです)


逆に、通常の消音ウマじゃ消音しすぎ!という人にはこの消音ウマ、
いいかもしれません~

というわけでこんな三線グッズもあるんだなーと感心しました、というお話でした。


エレキ三線の皮の張替え [My楽器]

【次のライブは 11/7(月)舞天 中山店 11/13(日)龍妃(元住吉)】 

DSC001523DSC003952
以前紹介した、ヒョウ柄三線、エレキ2号くんですが、見た目はすごいですが、音はイマイチだったので
思い切って皮を張り替えることにしました。

DSC02622
裏側の紫のヒョウ柄を切り、内部をあらわにしちゃいましょう。

DSC02752
コンデンサーマイクがついてますね~

DSC02753
樹脂接着剤で、斜め上を狙って固定されております。

DSC02754 
マイクジャックへの配線はこんなかんじ。

三線やさんへ皮の交換を依頼し、
皮はがし、新しい川貼りをしていただきました。
およそ2週間で作業完了。

DSC03403
これが新しい姿ですね~。
表が本皮の強化張り。

DSC03404
そして裏側は人工皮に。
人工皮にした理由は、いざマイクが故障したときに、中身にアクセスするために
皮をやぶって穴を開ける可能性があるからです。

DSC03405
立ててみると、皮の違いがよくわかります。
左が裏面(人工皮)、右が表面(本皮強化張り)
人工皮の色がちょっとグレーがかっているのがわかります。(もうちょっと本皮に近い色のものもあるです)

DSC03633
もともと装備されていた豹柄ティーガ(胴巻き)をつけて、糸を張りなおして、

DSC03634
エレキ2号くん。生まれ変わりました~
音はエレキ1号くん(表裏人工皮)よりも音量が大きく、明るい音になりました。

ライブで活躍しますよ~!
なまら~!(^-^)ノ

前記事
大阪マダム好みの?ヒョウ柄三線!


 ☆☆  ☆☆