So-net無料ブログ作成

長崎・下五島(2) 軍艦島を目差すど~! [ぶらり]

今週のライブ 8/10(水)舞天中山店 8/13(土)がちま家川崎店


ハイサイ~8/1~8/5まで、夏休み。長崎市と下五島の福江島に行って来ました。

まだ初日のお昼13時。
今回の最大ミッション、「軍艦島上陸」を果たすべく、港に向かいます。
ワクワク。

DSC01082
今回は「やまさ海運」さんのツアーで軍艦島を目差すのです!
右の白い舟に50名ほど(定員の半分くらい?)載せて、軍艦島へゴーゴー!

DSC01086
途中、長崎港からの風景が楽しめます。
これは海上保安庁の舟。

DSC01089
周囲は造船の町なので、ドックがたくさんあります。
この写真は100万トンクラスの巨大船が建造できるというもの。
非常~に大きいです。

ところで軍艦島というのは…
ほんとうの名前は、「端島(はしま)」。
石炭採掘で大いに繁栄した大正~昭和時代、一時期は東京の9倍の人口密度だった場所。
石油エネルギーへの転換で、閉山し、30年あまり無人島のまま見捨てられてしまったような場所。
島の周囲がすべて埋め立てられていて、形が戦艦土佐に似ていることから軍艦島と呼ばれてます。

DSC01094
見学者はこの札を首からさげてます。(お持ち帰りはできない)

DSC01095
売店もトイレも外灯も何も無い場所へ向かうのです。

DSC01097
サンダル履きでは上陸できないので、靴をレンタルできます。

DSC01096 
港を出て30分ほどして、来ました来ました!
手前の緑の小島の左向こうに見える、コンクリートの建物!
あり~に~~~見ゆぅる~は~~舟に~みまごう~軍艦島!

DSC01101
全景があらわになりました!
右側が学校だったところ。左側が工場だったところです。

DSC01108
ドルフィン桟橋が見えてきました。この日は波もほとんど無い、ベタ凪。
波高50cmあると上陸できないとの事だったので、めでたく上陸可能です!

DSC01118
桟橋側から、学校側をみます。
見事に人が作ったコンクリートの島。
大正時代にできた島、風雨にさらされ変わり果てた姿で、それが今目の前にっ!

DSC01124
上陸前に記念写真をパチリ。
よく見ると興奮で鼻血が出ています(うそ)

さ~いよいよ上陸です!

つづく。。


長崎・下五島(1) 長崎についたどー


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

 ☆☆  ☆☆